« 2014年8月 | トップページ

2016年6月16日 (木)

朱雀高校 妊娠生徒に体育要求

 朝、京都新聞を手に取ると、一面に「高3オメデタ祝ってね♡」続きの社会面には「妊娠生徒に体育要求」の見出し、記事を読んでみると、
 高校最後の夏休み。海辺で友達とはしゃぎ、かけぬけたまぶしい日々。夏の終わり、妊娠に気づいた。そして高校から休学を勧められた。「無理して学校に来ても、体育の実技が出来ていないので、成績が「1」になり卒業できない。補習も実技だ。」と言われたとのこと。
 昔ならば、校則で不純異性交遊で退学にされるか、陰でうやむやに処理される問題であると思うが、どういう訳か京都新聞で大々的に報道されている。私は古い人間であるので、まず高校生が妊娠するのはどうかと思うし、こんな事新聞に出すことかと思うが、京都新聞は高校の副校長の対応が問題と言いたいらしい。「妊娠すれば子育てに専念すべきで休学となる。」と言う学校の言い分がそんなに間違っていると私には思えないが、最近はいろんな考え方があるので、これ以上の私見は述べない。
 ただ京都新聞の記事の記載方法に大きな問題があると思う。学校側は体育の実技の補習を受けなければ単位が取れないので卒業できないと言っているのであるが、京都新聞の大見出しは「妊娠生徒に体育要求」となり、見出しだけを見れば、まるで体罰を与えているような書き方をしている。これは正に高校に対して悪意を持って見出しを書いているとしか思えない。新聞というものは見出しである程度、記事の内容が解るようにするのが原則で、読者にわざと誤解を与えるような書き方はとんでもないやり方だ。
 最近の京都新聞はこの間違ったやり方を多用しているように思える。文脈の通らないことも多い。この記事の中でも1950年から10年ごとの10代で出産した母親の推移として棒グラフを載せているが、昔の数が多いのは結婚年齢が低かったので当たり前のことで、このグラフがこの記事の中でどんな意味があるのかまったく解らない。
 一般紙の一面に、ピンク色の線で囲み♡マーク付きの「高3オメデタ祝ってね♡」の大見出しもいかがなものか。
 私は生まれた時より京都新聞がある生活を続けているが、最近の京都新聞の記者が書いた記事は昔に比べかなり内容が低下しているように思う。内容の乏しい偏った記事で、正義の味方ぶっているものも多いように思う。京都新聞ファンであるが故、もっと記事の向上を目指し頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

阪神ファン 金本嫌い

 王、長嶋に立ち向かう「炎の男」村山実に感動。それ以来、40有余年の阪神ファン。勝てばウキウキ、負ければ気分が沈む。ファンというのは不思議なものである。(チャッピーの部屋管理人自己紹介より引用)

 相も変わらずの虎ファンで、ファン歴は50年を超えたが、今年は虎ファンとしての初めての感情を経験している。
 野村、星野等私の好みでない監督の時でも、当然勝てばウキウキ、負ければ気分が沈む日々であったが、今年は事情が違う。金本は最低最悪の監督だ。
 例えば、昨年までのレギュラー上本に対する極端な冷遇。開幕直後の理由なき2軍降格、西岡負傷抹消後の再昇格後も先発出場僅か2試合。2試合目、当試合での唯一のタイムリー2塁打の後、守備での送球がショートバウンドとなりゴメスが捕球できず併殺できなかった直後代打を送られる。7対1の敗戦後、やり玉は上本に「送球できない者は打席に立つ資格はない」との監督コメント。併殺出来なかった時は既に5対1の劣勢。単なる自分の気に入らない者への個人攻撃。晩年の自分は全くボールを投げられない状態でも打席に立ち続けたというのに。
 超変革か何か知らないが、実力の伴わない若手の優遇と鳥谷の優遇のみ。負けが込んでくると、実力がない、育成段階と開き直る。昨年までを全て否定しているが、昨年は3位、一昨年は2位一昨年は日本シリーズまで行っている。新戦力としては、高山、原口程度で十分で、優勝を目指して戦っていくのが当然だと思う。育成、育成でペナントレース脱落やむを得ないとの思いはお門違い。本来、育成は2軍で行うもの、一体2軍は何のためにあるのか。陽川、横田なんか正に2軍にぴったりの選手。
 選手の実力がないと開き直るのもとんでもない話、野村も、負ければ選手の責任、勝てば自分の手柄であったが、勝負の責任は監督。実力がないから負けて当然という論理であれば、高い報酬をもらっている監督は一体何なのか。過去には三原マジックもあった。中堅、ベテラン、若手と全てをうまく使って勝負するのが監督の仕事。金本の言う今のベストメンバーはベストメンバーではない。
 金本采配には不満満載である、どちらにしても金本は無能、極端えこひいき監督である。えこひいきも度が過ぎると吐き気がするほど気持ち悪い。
 金本は本当に嫌いだ。選手には罪はないが、負ければウキウキ勝てば気分が沈む。藤川の登板が待ち遠しい。

 50有余年の阪神ファン生活のなかで初めて不思議な日々を過ごしている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ