« キュビオスとビエラ | トップページ | こんなアホな放送するな!3 »

2008年8月24日 (日)

愛犬の死

 こんな日々が来るのを恐れていた。でも、まだまだ先のことだと思っていた。
 チャッピーの姿を見ることが出来なくなって、今日は16日目。家の中も、私の心の中もぽっかりと大きな穴が空いたままだ。
 四月の初旬頃より散歩でよろけるようになり、まもなく立ち上がることが出来なくなった。最初は医者も膝関節の障害だと思っていたが、病状は好転せず、脳を起因とする神経系統の病気との診断に傾いていった。それでも、六月頃までは、食欲もあり、家の中を這いまわり、大好きだった散歩コースを抱っこして歩けば喜んでいた。投薬治療で好転するかと期待していたが、七月に入った頃より病状は悪化、下旬より寝たきり状態となった。それでも頑張ったが、8月8日早朝、息を引き取った。まだ、9歳になったばかりだった。
 チャッピーは完全なる家族の一員でわが子同然だった。私の仕事帰りを一番待っていてくれたのはチャッピーだった。今も私を見つめているチャッピーがそこにいるような錯覚におちいることが多々あり、チャッピーのことが頭から離れず、突然目頭が熱くなる。
 チャッピーは本当に可愛く性格が良かった。私が朝出かける時の「わんわん」も帰宅時の大喜びの姿も、喜び勇んで散歩に出かける姿も、一途に私を見つめる目も、もう見ることはできない。
もう一度チャッピーに会いたい。もう一度チャッピーを触りたい・・・・。
犬は本当に純粋であるがゆえに・・・・辛い・・・・。

|

« キュビオスとビエラ | トップページ | こんなアホな放送するな!3 »

コメント

bunwaさん、お久しぶりです。
もう、どの位ご無沙汰していたか...大変失礼していました。
チャッピーちゃん、お星様になっていたんですね。
今頃ですが、お悔みを申し上げます。
チャッピーちゃんを失われて、どんなにか辛かった事でしょう。
どんなに時間が経っても、チャッピーちゃんを思い出される毎日に変わりない事と思いますが、お元気でいらっしゃいますように☆

私は今、野良猫だった2歳の猫を保護し病院に連れて行ったところ余命数ヶ月の病気に侵されていると診断を受け、この子の僅かな余生を我が家でと決心し毎日を過ごしています。これも運命なのかなぁ~と...。
バルも、突然の新入りに寛容に接してくれています^^
この事は、内緒(Blogに載せません)ですが、最期の時まで日々頑張ります。
報告に来たつもりではなかったのですが、つい書いてしまいました。
チャッピーちゃんの思い出のアルバムを拝見に、またひょっこり寄らせて頂きます。

投稿: リトル | 2009年4月13日 (月) 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/42256414

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬の死:

« キュビオスとビエラ | トップページ | こんなアホな放送するな!3 »