« 2006年7月 | トップページ | 2008年8月 »

2006年11月27日 (月)

キュビオスとビエラ

 大鵬でなく柏戸、巨人でなく阪神が好きだった。インスタントラーメンは日清よりエースコック、政治は解らなくても選挙の開票速報で社会党が自民党に勝てばわくわくした、漫画はサンデーよりマガジン。子供の頃、何故かナンバー1より対抗馬が好きだった。
 親に買って貰った初めてのクルマはトヨタだったが、自分で買った4台はトヨタではない。ビールはアサヒを飲み続けてきた(トップになってしまったが・・・)。今も子供の頃の性格は残っているようだ。
 昭和30年代の急激な電化製品の導入は我が家は東芝製品だった。当時の家電店はメーカー直販店のみで店を決めれば他のメーカーと比べて購入することは出来なかったが東芝がいいと思っていた。間もなく私の故郷の田舎町でもナショナルショップが目立ち始め、我が家もナショナルに変わったが・・・。
 結婚当時、妻が家電製品を揃えたが、テレビは私が独身時代に使っていたものだった。結婚7年後にテレビを買い換えた。私にとって初めての量販店での大型家電の購入だった。いろんなメーカーを比べながら値段交渉をし購入するのは画期的なことだった。テレビラックに収まる最大のテレビがパナソニックだったためこれを購入した。このテレビを17年以上使い続けた。

 我が家の居間は結婚当時のテレビラックを中心に安物の家具を横や上に増やし続けてきたが、収拾がつかなくなり、今回プチ改築を決意。以前から気にかけていた松下電工のキュビオスを取り入れることにした。2日間の工事で壁一面の収納スペースができた。テレビ台の上に17年頑張ったテレビを置けばなんと小さい。パナソニックの耐久性を認め、迷わずパナソニックのプラズマテレビビエラを購入。デジタルハイビジョンの写りは目を見張る。やはりナショナルの大衆性はいいなあと納得。ナンバー1嫌いはどこへやら・・・・・。
そろそろトヨタ車もいいかなあ・・・・・。

 でも野球はもちろん今も昔も阪神です。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2006年7月 | トップページ | 2008年8月 »