« 高橋真梨子 | トップページ | キュビオスとビエラ »

2006年7月23日 (日)

相撲協会アホな手使うな

 千秋楽で勝利を挙げた白鵬の横綱昇進が見送られた。今場所の13勝は優勝に準じる成績とは言えず、昇進が見送られた事自体は問題ないと思う。

 しかし、昨日まで、昇進の可能性を匂わせながら、力相撲の末、堂々と横綱を破った直後に昇進を見送る決定とは相撲協会は何を考えているのだ。今日の白鵬は最高の結果を出した。理由の朝青龍の独走を許したことは昨日までに解っていること。人気のない相撲を千秋楽まで盛り上げようと、ファンを騙した相撲協会のアホの策としか思えない。
 NHKのアナウンサーは見送りは昨日に言うべきだったのではと言っていたが、昇進をえらく支持していた舞の海はそんな事は言えないと言った。舞の海よ、この成績での昇進は必要ない。そんな事よりファンを騙したことに問題があるのだ。早い段階での昇進見送りを匂わすことはよくある事だ。

 雅山の大関昇進も見送られた。4人も弱い大関がいる状態で、又弱い大関を増やす必要はなく、昇進前10勝では見送りはやむを得ないが、確実に実力をつけている白鵬の横綱昇進は時間の問題だと思うが、騙されて、必死の相撲で勝利したもうあまり先の無い雅山はなんか可哀相。

 相撲協会、姑息なアホな手を使うな。

|

« 高橋真梨子 | トップページ | キュビオスとビエラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/11071000

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会アホな手使うな:

« 高橋真梨子 | トップページ | キュビオスとビエラ »