« スピード違反 | トップページ | 相撲協会アホな手使うな »

2006年7月 1日 (土)

高橋真梨子

 昨夜、京都会館で行われた高橋真梨子のコンサートへ妻と行った。

 高橋真梨子がペドロ&カプリシャスのボーカルとなった時、以前の前野曜子に比べなんかブサイク、もうこのグループもアカンと思ったが、「ジョニィへの伝言」等がヒットすれば高橋まりの顔も見慣れてきた。しかし、当時は麻丘めぐみを初めとするアイドル全盛時代、あまり興味はなかった。

 「桃色吐息」がヒットした頃ベストアルバムを買った。彼女の豊かな声量、彼女しか歌う事が出来ない高橋節(音楽センスがないので全く上手く表現出来ないが・・・とにかくよい)等に魅力を感じた。

 最近、テレビで見かければ、すっかりおばさんになったなあと思っていたが、舞台と客席の距離が短い京都会館の前から8列目、こちらの視力が衰えている事もあるが、ほど良い加減で彼女の顔が見える。年齢を感じさせない美しさであった。歌声は以前通りで、素晴らしい時間を持つ事が出来た。

 観客の半数近くは、私達夫婦より少し上(私が勝手にそう思っている・・・)の年齢層を中心としたカップルだった。中年以降の夫婦も二人で楽しめる数少ないアーティストの一人だと思う。
 終盤になれば、観客が総立ちとなり手拍子を送る。なかなか場に馴染めない私だが、座っていては、真梨子さんの顔が見えない、仁王立ちで見ていたが、最後には手をたたいていた。さすがに体を揺すらす事は出来なかったが・・・。

 私達も楽しんだが、皆楽しんでいるなあ・・・。
 団塊の世代が先頭に立ち、又新しい文化を生み出す予感を覚えた。

|

« スピード違反 | トップページ | 相撲協会アホな手使うな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/10744518

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋真梨子:

« スピード違反 | トップページ | 相撲協会アホな手使うな »