« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月25日 (火)

阪神は楽天より弱い

あまりにも、投手力、打撃陣とも実力が違いすぎるように思う。
連敗、連敗を続けていたロッテがなんでこんなに強くなったのか。
このままでは、あまりにも情けない。

ロッテの誰か「阪神は楽天より弱い」と言ってくれ。
選手の闘争心に火をつけてくれ。
加藤哲郎のように。

目覚めよ!虎戦士。
奇跡の日本一あきらめてないぞ。
4連勝なんて簡単なものだ。

なんとかしてくれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月22日 (土)

ロッテ嫌い

 プレーオフの時はなんとなくロッテと思っていたが、日本シリーズになればバレンタインも嫌いになってくる。
 それにしても、ロッテの応援は異常だな。野球の応援ではない。普通のファンは球場に足を運ぶ事は出来ないだろう。ファンなんてほとんどいないと思うけど。こんな異常な応援はアホとしか思えない。野球を楽しむ雰囲気はない。応援を楽しんでいるだけだ。野球観戦はいろんな楽しみかたがあるものだ。サッカーの真似なんかするな。阪神の応援こそが数少なくなった本来の野球の応援だ。

 井川はダメだという事は解っていた。もうシリーズで井川は使うな。一昨年の伊良部の失敗を繰り返すな。ついでに片岡は広沢だ。
 藤本!ニヤニヤ笑うな!

 どうしてもチケットを取ることが出来なかった、そして、ボロ負けの初戦をテレビ観戦した阪神ファンのおじさんは怒っています。
 甲子園で決めるとロッテの誰かほざいていたな。
 相手が憎くなってくれば、益々、力が入ります。明日以降が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 1日 (土)

阪神優勝に想う

 阪神ファン歴40有余年の私は今年の優勝は真に嬉しい。
 一昨年の18年ぶりの優勝もなんとも嬉しかったが、心の隅に嬉し痒しの部分があった。中日時代の星野、中日うんぬんは別にしても、あの狂気を含むような人間は大嫌いだった。阪神の監督としては、中日時代とは違った印象も感じたが、私はどうしても、星野を好きになれなかった。
  阪神一筋、阪神をひたすら愛し続けた村山実の座右の銘「道一筋」を受け継いだ阪神を愛する岡田監督での優勝は最高である。
 優勝の最大の貢献者はやはり金本だろう。一昨年もそうだが今年も金本なくして優勝はなかったと思う。今岡や藤川の活躍も特筆ものだが、今年の最優秀選手は金本としたい。
 チャンスに本当に弱い、毎度毎度の帳尻合わせの桧山がペナントレースの最後に又帳尻合わせをして、優勝に貢献したような顔をしている。決して私は桧山が嫌いではなく、生え抜きの虎戦士として期待を持っている。それだけに勝負の世界に生きる人間としてはあまりにも情けないと思う。85年の日本シリーズでの長崎啓二の活躍は20年経った今も強烈な印象で残っている。桧山にあの時の長崎のようになってもらいたい。

 さあ20年ぶりの日本一だ。星野を越えろ岡田彰布名監督。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »