« 特攻隊員の死 | トップページ | 父と娘 »

2005年8月28日 (日)

ピーくん

 義父は、家族に自分独自の呼び名を付ける人だった。

 妻は名前から子を外し、「○○さん」と呼ばれていた。京都弁の発音も加わり、かなり年寄り臭い。
 義妹は、子供の頃、ごんた(ごんたはごんたでしか表現できないが、あえて標準語を考えれば、わんぱく、わがまま、いたずらっ子あたりかな)だったそうで、「ごんさん」と呼ばれていた。結婚当初、私は「ごんさん」が誰なのか判らなかった。
 私はある日突然、「ぶんさん」になった。私のことを「ぶんさん」と呼んだのは、現在までは、義父のみである。
 孫は私の娘は、「○○たん」。妹の長男が「○○ぼん」長女は「○○たん」次男は「○ーくん」だった。義母と一致していたのは「○ーくん」のみだった。

 娘が幼かった頃、義父と私が将棋を指しているところに、娘が駒を触りにきた時などに「○○たん、ひかえなさい、ひかえなさい」とよく言っていた。
 チャッピーを初めて義父宅へ連れて行き、泊まった朝、2階から居間へ向かう時、懐かしい「ひかえなさい、ひかえなさい」が聞こえてきた。
 「ピーくん、ひかえなさい、ひかえなさい」、チャッピーは「ピーくん」になっていた。

 余談だが、どこの家にも、独自の呼び名は存在するものだと思う。
 妻は妹が生れた時、赤ちゃんを見て、「アーちゃん」と言ったそうだ。その後、現在まで、「アーちゃん」と呼んでいる。
 私は幼い頃、下の兄の事を上の兄と区別するため、「ちっちゃいにいちゃん」と呼んだ、その後、肝心な「にいちゃん」が消えてしまい「ちっちゃい」だけが残った。兄弟の中でも一番背の高い180センチを越える兄を「ちっちゃい」と呼び続けている。

 チャッピーの事を「ピーくん」と呼ぶ人はもういない・・・・・。

|

« 特攻隊員の死 | トップページ | 父と娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/5673059

この記事へのトラックバック一覧です: ピーくん:

« 特攻隊員の死 | トップページ | 父と娘 »