« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月26日 (土)

米国を知らない大学生

 先日の新聞に、日本地理学会地理教育専門委員会の調査結果というものが出ていた。
 イラクの位置を知らない大学生が44%、米国が分からない者も3.1%いるという。世界地図の30カ国に記した番号から、米国、インド、ブラジル等10カ国の位置を選択する方法。新聞では世界地図に正解の10カ国しか番号が出ていなかったので、実際はもう少しややこしかったと思うが、米国、インド、ブラジル、北朝鮮の位置も分からない大学生がいる。
 さっそく、わが娘に、新聞を切り抜き、回答させてみたが、さすがに米国等は正答できたが、かなりいいかげんな結果だった。
 テレビのクイズ番組で、都道府県の所在地を若い歌手が、四国、九州、東北の概念もなく、冗談ではないかと思えるようなことを真顔で言っているのを見て驚いたことがある。歌詞、振り付けを覚えられ、ドラマに出れば台詞もこなす、優れた人間だと思うが・・・。
 今回の調査結果に、「高校生の半数以上が高校で地理を学んでいない。地理と歴史をバランスよく学ばせることが大事だ」と専門委が訴えているが、こんな問題ではないと思う。
 私はいつアメリカやインドの位置を覚えたのか分からない。学校で学ぶ以前から、ある程度の世界地図や日本地図が頭に入っていたように思う。私達の世代はクラスに一人か二人程度の特別頭の悪い者以外は、程度の差はあれ皆、頭に地図を持っていた。遊びの中でも、国旗を覚えたり、外国の首都や日本の県庁所在地を答えあったりしたものだ。そして小学校や中学校の社会科の地理の時間に知識を深めた。国の位置など高校で学ぶものではないだろう。
 現在でも子供の頃に頭に入った地図が基になっている。けっして頭のよくない愚妻でも、私と同じような地図は持っている。
 最近の若者の中で、まったく、地図を持たない人間がいるのは不思議だ。これは、教育制度の問題ではないと思う。
 でも、アメリカの位置を知らなくても、イラクの位置を知らなくても、生活には何も支障はないか。
 でも、かなりアホに見えるなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月20日 (日)

義父の入院

 2週間前、妻の父が、風呂で倒れた。
 夕方、突然の義母の電話で駆けつけると、父は湯船の中で意識を失っており、救急車で病院に搬送した。
 間もなく、意識は戻ったが、緊急入院となった。検査の結果、幸い脳も心臓も大きな異常はなく、10日間で退院。量は少ないものの、酒好きの父には辛い禁酒が医師より指示された。
 妻は2人姉妹の長女、両親は娘が結婚後、自由気ままな2人暮らしを続けているが、確実に歳をとってきている。私宅は妻の実家までクルマで10分足らずのところであるが、この先不安である。我が家も、遠い先の事と思っていた高齢者介護問題が急に現実味を帯びてきた。
 今回の入院で、娘が意外な活躍をした。連日,病院に通い、祖父の身の回りの世話をし、そして、一人で寂しい祖母のため、夜は祖母宅へ泊まりにいった。家ではまったく何もしない娘であるが、食事の後片付け、風呂掃除等、かなり家事を手伝ったという。退院の時も、妻よりも娘がてきぱきと動き、荷物の整理をしていた。

 「あぁ~こうして、子供が大人になり、大人が老人になり、人生は過ぎていくのだ。」と実感する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月 6日 (日)

青春時代

 麻丘めぐみのファンだった。現在でも、一人でクルマに乗れば、麻丘めぐみ、南沙織、天地真理、小柳ルミ子等、昭和40年代後半の曲をよく聴いている。
 雪がちらちらする今の時期、天地真理の「恋人たちの港」を聴けば、浪人し、もう後がないと挑んだ大学受験の頃を思い出す。白雪姫の人気に陰りが見え始めた頃の曲であるが、私の青春時代のトップスター天地真理の中ではこの曲が一番好きだ。
 歌謡曲で思い出が蘇ることは多い。
 
 大学生活も残り少なくなった頃、森田公一の「青春時代」が巷に流れていた。卒業までの半年で答えを出す人は居なかったが、この曲は、何故か私の心に染みわたった。
 ~青春時代が夢なんてあとからほのぼの想うもの青春時代の真ん中は道に迷っているばかり~おっさんだと思っていた当時の森田公一の年齢 をはるかに超えた現在の私は青春時代をほのぼのと想っている。
 人生の中で大学時代が一番よい。その中でも3回生は最高の時である。大した遊びもしなかったが、あんな自由な時代があったのかと思う。
 今、娘は大学3回生、よくこれだけ遊べるものかと思うほど、青春を謳歌している。(本人は道に迷っているのかもしれないが)
 しかし、4回生が近づき、就職活動が本格化する時期になってきた。少女の時を過ぎ、厳しい社会の現実を思い知らされる時期が近づいている。
 「若い時の苦労は買ってでもしろ」と言うが、人生の苦労は少ないに越した事がない。無難に就職活動も乗り越える事を願っている。(親バカです)

 森田公一とトップギャラン 「青春時代」。
 森田独特のあの声を聴けば今も直ぐに青春時代の終わり頃が鮮明に蘇る。私の好きな曲の一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »