« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月26日 (水)

ペスの命日

 今日は、子供の頃の愛犬ペス(参照:ペスの時間チャッピーの時間)の命日である。
 今日も朝、新聞の1月26日を見た時、思い出した。昭和47年の事だから、もう33年という事に成る。
 虹の橋という話を知った時、ペスは16年前に私の父に連れられて、虹の橋を渡り天国へ行ったのだろうと思った。父はペスに対して厳しい面があったが、愛情を持って接していた。可愛がっていた私を待たず、ペスは天国へ行っていることだろう。
 そして、私を待っていてくれるのはチャッピーくんになるのかなと思う。チャッピーくんと一緒に虹の橋を渡り、天国でペスに再会する事になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

宝塚歌劇

 昨日、宝塚歌劇宙組公演を観にいった。これは我が家の恒例行事である。
 独身の頃、汀夏子ファンで宝塚に通っていた妻が、娘もなんとか観劇に耐えられる歳になったと思うし、久しぶりに「ベルサイユのばら」を懐かしい雪組が公演しているので、三人で観にいこうと言ったのは平成元年のことだった。
 私は初めての宝塚だったがその美しさに感激、妻はづかファンが再燃、娘も幼い心に何かを感じたようで、我が家に平成のベルばらブームが起こった。妻は、杜けあきファンとなり、私と娘は一路真輝がいいと言った。
 その後、雪組公演を毎回、観劇することになった。主導権をにぎる妻は、杜けあきが退団すれば、もう行かないと言っていたが、退団後も、とりあえず一路真輝を見に行くことに。そして、杜けあきがトップの頃より、気にかけていた和央ようかに入れ込むようになった。そのため、和央ようかの組替えとともに我が家も宙組に変わったが、現在まで宝塚観劇が続いている。
 トップ杜、2番手一路の時がよかった。初めて見たのが「アンドレとオスカル編」。トップ、2番手、娘トップの図式も解らず、一路真輝がよかった。
 2番手が充実している時がいいと思う(娘役も出来るような2番手が尚いい)。最近は2番手、3番手がややこしい、2番手が専科とかよく解らない。トップと2番手の差も大きすぎるように思う。
 そして、高嶺ふぶきも確か、お披露目公演とさよなら公演だけだった(もう少し高嶺のトップが見たかった)が、トップ在任が短すぎるのもどうかと思う。最近では、お披露目さよなら公演というのもあったように思う。トップになれずに、名2番手で終わるスターが居てもいいと思うが。
 最近の流れに反し、和央ようかは5年目に突入。妻の次期お気に入りは未だ見つからず。我が家の恒例行事はいつまで続く事やら。
 それにしても、花總まりは長いなあ。一路真輝、高嶺ふぶき、轟悠、姿月あさと、和央ようかと相手を替え、もう10年以上、娘役トップに座っている。嫌いじゃないし、宝塚で同じ人を見るのは好きだけど、こんな長い娘役トップって今まであったのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年1月16日 (日)

娘の買い物、父の買い物

 娘も今年は大学4回生。
 先日、親子3人で、娘のリクルートスーツを買いに行った。
 小学校の入学式、ピアノの発表会等、娘の服をよく3人で買いに行った。小学校の卒業式用の時は、その頃より、自我が強くなり始めた娘が、地元の京都では同級生と万一同じ物になれば困ると言い、大阪まで出かけた。
 親バカと思いながらも3人での買い物を楽しんでいたが、その後、服に関しては、友達と、たまに母との買い物で、私は遠のいていた。
 しかし、今回、娘が私も誘ってきた。昔を思い出しながら、私もいろいろと口出しし、スーツを買ったが、娘の目的はやはり他にあった。結局、エルメスのバックを買わされる羽目になった。

 一昨年、木製建築模型の金閣寺を作ったが、又、久しぶりになにか作りたくなった。初めての木製模型は楽しかったし、出来上がりにも満足したが、今回は実物通りに着色し、楽しんでみたいと思い、以前からよく作っているプラモデルを作ろうと思った。昔は自分の希望の品を探すのが大変だったが、今は、インターネットショップで手に入れる事が出来る。娘の買い物の消費税の半分程度の品を買うのに、インターネットで少しでも安いところを探し、フジミ模型の1/100薬師寺東塔を購入。
 まだ、どのように彩色するか検討中で手をつけていないが、これから半年程は楽しめるだろう。模型を作っている時は何故か心が安らぐ。なんと安上がりのストレス解消法だろう。
 完成すれば、ホームページにアップするぞ。でも、なかなか、時間を作ることが出来ないなあ。
 買っただけで手をつけていないプラモデルが他に2箱ある・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »