« 太平洋戦争勃発 | トップページ | 娘の買い物、父の買い物 »

2004年12月18日 (土)

年賀状

 昨年末、パソコンのハードディスクが壊れ、住所録が消えてしまった。修理も間に合わなかったため、年賀状は以前のワープロで凌いだ。
 今年は、早くから、住所録を作っておこうと思っていたが、ぐうたら人間の私は、今日まで作ることはなかった。添え書き、印刷、裏面の作成と逆算すれば、今日明日には住所録は作らなければ、もう明日はないと感じ、朝からパソコンに向かっている。最近は郵便番号からある程度住所がでるので、楽ではあるが、苦痛の作業である。
 もう20年近く前に始めてワープロを買い、仕事でなく、自分のワープロを触るのは楽しかった。住所録を作るのも楽しい作業だったように思う。
 子供の頃、年賀状は楽しかった。誰に書くか、誰から来るかワクワクした。
 いつから年賀状が苦痛になったのだろう。自分の信念のみで生きていくことの出来ない気弱な私は年賀状をやめる事は出来ない。又、印刷だけでは・・・と思い、一言を考える。これが又重荷になる。いろいろ考えた挙句、長い間会っていない友達等へは、結局「今年こそ一度会いたいですね」というような文を毎年毎年書くことになる。
 しかし、年賀状は日本のよき風習だと思う。退職後はじっくり書きたいものだ。最近の年賀状を書く頻度を考えれば、定年まで後10年そんなに先の話ではない。

|

« 太平洋戦争勃発 | トップページ | 娘の買い物、父の買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/2305745

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 太平洋戦争勃発 | トップページ | 娘の買い物、父の買い物 »