« 祇園祭、新選組!展 | トップページ | こんなアホな放送するな! »

2004年7月25日 (日)

 昨日、義姉(次兄の妻)の一周忌の法要が営われた。
 兄夫婦は子供には恵まれなかったが、とても仲がよかった。実家で出会った時も、いつまでも、新婚のように二人だけの世界を持っている感じだった。
 子供の頃は、来る日も来る日も一緒の仲のよい兄弟も、大学、就職、結婚と進むにつれ疎遠になり、盆や正月等、年に数回会うだけになっていた。しかしお互い自分たちの生活を守り、兄夫婦も二人仲良く平穏に暮らしていればそれが一番と思っていた。
 ところが、姉の突然の発病、ありとあらゆる治療そして忙しい仕事を持つ兄の献身的な看病の甲斐も無く昨年7月末、姉は46歳でこの世を去った。
 親、子供を亡くした者は誰もほぼ同じ深い悲しみを感じることになると思うが、妻、夫を亡くした場合、悲しみの度合いは個人差があると思う。兄夫婦は、仲がよく、人生のすべてを二人だけで歩んでいた。最後は、自分の母が付き添うよりも、兄が看病してくれることを望んだ姉。兄は最大の悲しみを感じている。
 46歳の若さで亡くなった姉の無念は一番だが、一人取り残された兄の胸中は察するに余りある。法要後の食事の席での挨拶で、兄は「一年間、毎日、一年前の○○子の事を思い続けてきた。しかし、もう一年前の○○子も居なくなる。」と嘆いた。
 まだ独身だった私は、新婚当時東京に住んでいた兄宅を訪ね、兄が仕事のため、姉の案内で東京見物に出かけたことがある。東京が珍しい私は、やはり東京タワーと思い、東京タワーへ行った。そこで、観光客の外国人が、何か勘違いをして二人の写真を写してあげると声をかけてきた。姉と二人笑いながら写してもらった。多くは忘れてしまったが、その時の姉の笑顔は残っている。若かった。
 兄は、一人では広すぎる家のいたるところに、新婚の頃の写真や、いつまでも若く見えた姉の笑顔の写真を飾っている。仕事を終えた後、写真を眺めながら家事をしているのだろう。私は、兄を思う気持ちは人一倍強いと思うが、男兄弟というものは、具体的に何も手助けすることが出来ず歯がゆい気持ちで一杯である。
 まだまだ、姉の事だけを思いながらの生活が続くだろうが、少しずつ気持ちを整理して、これからの自分自身の生活にも目を向けてくれることを願う。

|

« 祇園祭、新選組!展 | トップページ | こんなアホな放送するな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/1045327

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 祇園祭、新選組!展 | トップページ | こんなアホな放送するな! »