« 雨中激戦観戦記 | トップページ | 死に体 »

2004年7月10日 (土)

1964

 私のホームページのカウンターが2000を超えた。
 ホームページ初心者にとってカウンターの数字が増えていくのを見るのは楽しいものだ。日本史が好きだった私は1192でいい国造ろう鎌倉幕府、もう江戸時代、そして幕末、明治と感じながらカウンターを眺めてきた。
 その中でも1964という数字は私達の世代にはなんとも懐かしい数字である。当時9歳だった私は、東京オリンピックを鮮明な記憶として残している。
 私が社会人になった頃、若手の飲み会で、よく東京オリンピックが話題に上った。私は大学浪人1年、就職浪人1年の2年遅れの新人だったが、私の同期では、大卒の者は私とほぼ同じで、短大卒は記憶があやふやになり、高卒となればほとんど記憶がない状態となった。「円谷知ってるか、三宅知らんのか、ヘイズは、ショランダー君は」と、からかったものだ。
 1950年代末期にテレビの導入と共に始まった我が家の文明開化は60年代に入り急速に電化製品が導入され、64年はその真っ只中であった。文明開化以前をかすかに覚えている私にとって64年は明るかった。いや世の中が明るかった。このままの進歩が続けば、自分が生きている間に月は勿論火星の旅も可能と信じていた。家事はロボットが・・・そんな中での東京オリンピック何もかもが素晴らしく楽しかった。
 そんな訳で1964には特別な思いが残る。最近の若手は1985の阪神の日本一を知っているかどうかが世代の判定になるという。もう少し経てば阪神大震災かな。時の流れは実に早いものである。
 これから私のホームページのカウンターは果てしない未来へと向かっていく。

|

« 雨中激戦観戦記 | トップページ | 死に体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22972/936862

この記事へのトラックバック一覧です: 1964:

» 1964 [明日へかける橋]
↑タイトルの数字に反応してTBしてみました。 東京オリンピックのことだった。 ミ [続きを読む]

受信: 2004年7月10日 (土) 01:18

« 雨中激戦観戦記 | トップページ | 死に体 »