2016年6月16日 (木)

朱雀高校 妊娠生徒に体育要求

 朝、京都新聞を手に取ると、一面に「高3オメデタ祝ってね♡」続きの社会面には「妊娠生徒に体育要求」の見出し、記事を読んでみると、
 高校最後の夏休み。海辺で友達とはしゃぎ、かけぬけたまぶしい日々。夏の終わり、妊娠に気づいた。そして高校から休学を勧められた。「無理して学校に来ても、体育の実技が出来ていないので、成績が「1」になり卒業できない。補習も実技だ。」と言われたとのこと。
 昔ならば、校則で不純異性交遊で退学にされるか、陰でうやむやに処理される問題であると思うが、どういう訳か京都新聞で大々的に報道されている。私は古い人間であるので、まず高校生が妊娠するのはどうかと思うし、こんな事新聞に出すことかと思うが、京都新聞は高校の副校長の対応が問題と言いたいらしい。「妊娠すれば子育てに専念すべきで休学となる。」と言う学校の言い分がそんなに間違っていると私には思えないが、最近はいろんな考え方があるので、これ以上の私見は述べない。
 ただ京都新聞の記事の記載方法に大きな問題があると思う。学校側は体育の実技の補習を受けなければ単位が取れないので卒業できないと言っているのであるが、京都新聞の大見出しは「妊娠生徒に体育要求」となり、見出しだけを見れば、まるで体罰を与えているような書き方をしている。これは正に高校に対して悪意を持って見出しを書いているとしか思えない。新聞というものは見出しである程度、記事の内容が解るようにするのが原則で、読者にわざと誤解を与えるような書き方はとんでもないやり方だ。
 最近の京都新聞はこの間違ったやり方を多用しているように思える。文脈の通らないことも多い。この記事の中でも1950年から10年ごとの10代で出産した母親の推移として棒グラフを載せているが、昔の数が多いのは結婚年齢が低かったので当たり前のことで、このグラフがこの記事の中でどんな意味があるのかまったく解らない。
 一般紙の一面に、ピンク色の線で囲み♡マーク付きの「高3オメデタ祝ってね♡」の大見出しもいかがなものか。
 私は生まれた時より京都新聞がある生活を続けているが、最近の京都新聞の記者が書いた記事は昔に比べかなり内容が低下しているように思う。内容の乏しい偏った記事で、正義の味方ぶっているものも多いように思う。京都新聞ファンであるが故、もっと記事の向上を目指し頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

阪神ファン 金本嫌い

 王、長嶋に立ち向かう「炎の男」村山実に感動。それ以来、40有余年の阪神ファン。勝てばウキウキ、負ければ気分が沈む。ファンというのは不思議なものである。(チャッピーの部屋管理人自己紹介より引用)

 相も変わらずの虎ファンで、ファン歴は50年を超えたが、今年は虎ファンとしての初めての感情を経験している。
 野村、星野等私の好みでない監督の時でも、当然勝てばウキウキ、負ければ気分が沈む日々であったが、今年は事情が違う。金本は最低最悪の監督だ。
 例えば、昨年までのレギュラー上本に対する極端な冷遇。開幕直後の理由なき2軍降格、西岡負傷抹消後の再昇格後も先発出場僅か2試合。2試合目、当試合での唯一のタイムリー2塁打の後、守備での送球がショートバウンドとなりゴメスが捕球できず併殺できなかった直後代打を送られる。7対1の敗戦後、やり玉は上本に「送球できない者は打席に立つ資格はない」との監督コメント。併殺出来なかった時は既に5対1の劣勢。単なる自分の気に入らない者への個人攻撃。晩年の自分は全くボールを投げられない状態でも打席に立ち続けたというのに。
 超変革か何か知らないが、実力の伴わない若手の優遇と鳥谷の優遇のみ。負けが込んでくると、実力がない、育成段階と開き直る。昨年までを全て否定しているが、昨年は3位、一昨年は2位一昨年は日本シリーズまで行っている。新戦力としては、高山、原口程度で十分で、優勝を目指して戦っていくのが当然だと思う。育成、育成でペナントレース脱落やむを得ないとの思いはお門違い。本来、育成は2軍で行うもの、一体2軍は何のためにあるのか。陽川、横田なんか正に2軍にぴったりの選手。
 選手の実力がないと開き直るのもとんでもない話、野村も、負ければ選手の責任、勝てば自分の手柄であったが、勝負の責任は監督。実力がないから負けて当然という論理であれば、高い報酬をもらっている監督は一体何なのか。過去には三原マジックもあった。中堅、ベテラン、若手と全てをうまく使って勝負するのが監督の仕事。金本の言う今のベストメンバーはベストメンバーではない。
 金本采配には不満満載である、どちらにしても金本は無能、極端えこひいき監督である。えこひいきも度が過ぎると吐き気がするほど気持ち悪い。
 金本は本当に嫌いだ。選手には罪はないが、負ければウキウキ勝てば気分が沈む。藤川の登板が待ち遠しい。

 50有余年の阪神ファン生活のなかで初めて不思議な日々を過ごしている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

6年

昨日の日本テレビの野球中継に対する怒りが収まらず、つい6年振りの茶っぴ庵閑話となったが、その後、投稿の仕方さえ忘れかけていたココログを眺めていると、スマホでも投稿できることを発見。

茶っぴ庵閑話恒例の昔話だけど、昭和30年代の1年は社会生活に大きな変化をもたらし、6年となればかなりのものだった。
チャッピー亡き後の6年は、そんなに変化を感じない。部屋の中を見渡しても一部の電化製品が変わっている程度だ。
このような時代の中で大きな変化を感じるのは携帯電話だろう。多分、6年前はまだ全く無かったスマートフォンの普及である。街中、電車の中等でガラケー(こんな言葉いつできた?)をほとんど見かけなくなった。まだまだ、ガラケーの所有者も多いと思うが・・・。
我々の世代は成人になってから現れたワープロ、パソコン、携帯となんとか こなしてきた。そしてガラケーで十分と思っていたが、やはり、スマホは便利で面白い、しかし、これからの情報通信機器の進化にいつまでついていけるだろうか。
比較的最近の再放送のテレビドラマ等を視ている時、携帯の有無、携帯の形で、おおよその制作時期が分かったがスマホになってから変化が分からない。スマホの形は変化するのだろうか。スマホの次は何?

スマホでの入力疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

こんなアホな放送するな!3

 本日の日本テレビプロ野球中継内の「日本人の人生を変えたプロ野球名場面のトップ10」という企画はいったい何なのだ。1位から10位まですべて王、長嶋をはじめ末次まで登場するジャイアンツ選手の活躍シーンのみ。
 「プロ野球の名場面」を見て人生が変わった人間も極めて稀であろうが、せめて「巨人ファンの人生を変えたプロ野球名場面のトップ10」に変更すべき。本来は「巨人ファンが選んだプロ野球名場面のトップ10」だろう。そしてこんなものは、あるかないかは知らないがジャイアンツ応援番組のようなところですべき。
 阪神巨人戦の中継が他局でなかったためやむなく読売テレビを視聴したが阪神の劣勢もあり、怒り心頭。


 実に6年ぶりの「茶っぴ庵閑話」です。チャッピーが亡くなってもう6年も経ちました。この6年いろんな事がありました。孫が二人出来ておじいさんになりました。
 又、ボチボチ「茶っぴ庵閑話」を再開したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

愛犬の死

 こんな日々が来るのを恐れていた。でも、まだまだ先のことだと思っていた。
 チャッピーの姿を見ることが出来なくなって、今日は16日目。家の中も、私の心の中もぽっかりと大きな穴が空いたままだ。
 四月の初旬頃より散歩でよろけるようになり、まもなく立ち上がることが出来なくなった。最初は医者も膝関節の障害だと思っていたが、病状は好転せず、脳を起因とする神経系統の病気との診断に傾いていった。それでも、六月頃までは、食欲もあり、家の中を這いまわり、大好きだった散歩コースを抱っこして歩けば喜んでいた。投薬治療で好転するかと期待していたが、七月に入った頃より病状は悪化、下旬より寝たきり状態となった。それでも頑張ったが、8月8日早朝、息を引き取った。まだ、9歳になったばかりだった。
 チャッピーは完全なる家族の一員でわが子同然だった。私の仕事帰りを一番待っていてくれたのはチャッピーだった。今も私を見つめているチャッピーがそこにいるような錯覚におちいることが多々あり、チャッピーのことが頭から離れず、突然目頭が熱くなる。
 チャッピーは本当に可愛く性格が良かった。私が朝出かける時の「わんわん」も帰宅時の大喜びの姿も、喜び勇んで散歩に出かける姿も、一途に私を見つめる目も、もう見ることはできない。
もう一度チャッピーに会いたい。もう一度チャッピーを触りたい・・・・。
犬は本当に純粋であるがゆえに・・・・辛い・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

キュビオスとビエラ

 大鵬でなく柏戸、巨人でなく阪神が好きだった。インスタントラーメンは日清よりエースコック、政治は解らなくても選挙の開票速報で社会党が自民党に勝てばわくわくした、漫画はサンデーよりマガジン。子供の頃、何故かナンバー1より対抗馬が好きだった。
 親に買って貰った初めてのクルマはトヨタだったが、自分で買った4台はトヨタではない。ビールはアサヒを飲み続けてきた(トップになってしまったが・・・)。今も子供の頃の性格は残っているようだ。
 昭和30年代の急激な電化製品の導入は我が家は東芝製品だった。当時の家電店はメーカー直販店のみで店を決めれば他のメーカーと比べて購入することは出来なかったが東芝がいいと思っていた。間もなく私の故郷の田舎町でもナショナルショップが目立ち始め、我が家もナショナルに変わったが・・・。
 結婚当時、妻が家電製品を揃えたが、テレビは私が独身時代に使っていたものだった。結婚7年後にテレビを買い換えた。私にとって初めての量販店での大型家電の購入だった。いろんなメーカーを比べながら値段交渉をし購入するのは画期的なことだった。テレビラックに収まる最大のテレビがパナソニックだったためこれを購入した。このテレビを17年以上使い続けた。

 我が家の居間は結婚当時のテレビラックを中心に安物の家具を横や上に増やし続けてきたが、収拾がつかなくなり、今回プチ改築を決意。以前から気にかけていた松下電工のキュビオスを取り入れることにした。2日間の工事で壁一面の収納スペースができた。テレビ台の上に17年頑張ったテレビを置けばなんと小さい。パナソニックの耐久性を認め、迷わずパナソニックのプラズマテレビビエラを購入。デジタルハイビジョンの写りは目を見張る。やはりナショナルの大衆性はいいなあと納得。ナンバー1嫌いはどこへやら・・・・・。
そろそろトヨタ車もいいかなあ・・・・・。

 でも野球はもちろん今も昔も阪神です。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年7月23日 (日)

相撲協会アホな手使うな

 千秋楽で勝利を挙げた白鵬の横綱昇進が見送られた。今場所の13勝は優勝に準じる成績とは言えず、昇進が見送られた事自体は問題ないと思う。

 しかし、昨日まで、昇進の可能性を匂わせながら、力相撲の末、堂々と横綱を破った直後に昇進を見送る決定とは相撲協会は何を考えているのだ。今日の白鵬は最高の結果を出した。理由の朝青龍の独走を許したことは昨日までに解っていること。人気のない相撲を千秋楽まで盛り上げようと、ファンを騙した相撲協会のアホの策としか思えない。
 NHKのアナウンサーは見送りは昨日に言うべきだったのではと言っていたが、昇進をえらく支持していた舞の海はそんな事は言えないと言った。舞の海よ、この成績での昇進は必要ない。そんな事よりファンを騙したことに問題があるのだ。早い段階での昇進見送りを匂わすことはよくある事だ。

 雅山の大関昇進も見送られた。4人も弱い大関がいる状態で、又弱い大関を増やす必要はなく、昇進前10勝では見送りはやむを得ないが、確実に実力をつけている白鵬の横綱昇進は時間の問題だと思うが、騙されて、必死の相撲で勝利したもうあまり先の無い雅山はなんか可哀相。

 相撲協会、姑息なアホな手を使うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

高橋真梨子

 昨夜、京都会館で行われた高橋真梨子のコンサートへ妻と行った。

 高橋真梨子がペドロ&カプリシャスのボーカルとなった時、以前の前野曜子に比べなんかブサイク、もうこのグループもアカンと思ったが、「ジョニィへの伝言」等がヒットすれば高橋まりの顔も見慣れてきた。しかし、当時は麻丘めぐみを初めとするアイドル全盛時代、あまり興味はなかった。

 「桃色吐息」がヒットした頃ベストアルバムを買った。彼女の豊かな声量、彼女しか歌う事が出来ない高橋節(音楽センスがないので全く上手く表現出来ないが・・・とにかくよい)等に魅力を感じた。

 最近、テレビで見かければ、すっかりおばさんになったなあと思っていたが、舞台と客席の距離が短い京都会館の前から8列目、こちらの視力が衰えている事もあるが、ほど良い加減で彼女の顔が見える。年齢を感じさせない美しさであった。歌声は以前通りで、素晴らしい時間を持つ事が出来た。

 観客の半数近くは、私達夫婦より少し上(私が勝手にそう思っている・・・)の年齢層を中心としたカップルだった。中年以降の夫婦も二人で楽しめる数少ないアーティストの一人だと思う。
 終盤になれば、観客が総立ちとなり手拍子を送る。なかなか場に馴染めない私だが、座っていては、真梨子さんの顔が見えない、仁王立ちで見ていたが、最後には手をたたいていた。さすがに体を揺すらす事は出来なかったが・・・。

 私達も楽しんだが、皆楽しんでいるなあ・・・。
 団塊の世代が先頭に立ち、又新しい文化を生み出す予感を覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

スピード違反

 あまりクルマで遠出しない私だが、先週の金、土に母と下の兄との三人で湯村温泉に出かけた。
 義姉が亡くなってから二度目の三人での温泉旅行で、静かな夢千代の里で楽しい時を過ごした。二日目は鳥取砂丘に寄り、日本海、余部鉄橋を眺め京都へ向かった。

 香住から豊岡の途中で、スピード違反取締りに引っ掛かった。何の危険性も感じられない田舎の国道の直線部分で警官が飛び出してきた。隠れた所へ連れて行かれると、4,5人が違反切符を切られている。私は制限50キロを65キロ、15キロオーバーとの事。他の人は25キロオーバーとか、29キロオーバーとかの声が聞こえている。こんな問題の無い道で、65キロ出ていたかどうかも定かではないが、65キロで捕らえるとは。私の後は、猛スピードを一台捕らえた後、店じまいになった。

 免許取得後、31年間無事故無違反を続けてきた私は違反初体験である。今までは運がよく、今回は運が悪かった訳だが、楽しい母子旅行も一瞬に気分が沈んだ。善良な市民のささやかな憩いの一時を奪い取られ、ゴールド免許というものが出来て以来続けていたゴールドも次回更新で奪われる事になった。

 15キロとはいえ違反は違反なので、月曜日に即12000円の反則金を母に振込みに行ってもらった。姑息な交通取締りも仕方がないとは思うが、警察には、国民が本当に正義の味方だと賞賛するような仕事にも頑張ってもらいたい。

 しかし、31年間続いた無事故無違反が途切れ、ゴールドでなくなるのがなんとも悔しい。

 レーザー探知機なるものを購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

卒業式

 昨日は娘の卒業式だった。妻と共に出席した。
 女子大のため、卒業生の99%は着物袴姿でとても華やかな式だった。
 中学からの女子校生活だったが、早くも10年が経った。

 娘は生後6ヶ月で保育所に入所して以来、22年間の保育所、学生生活を終えた。娘の晴れ姿を見ながら、様々な出来事を思い出す。たった一人の子育てであるが、娘のお陰で、親としてのいろんな経験をすることができた。
 共働きのため、娘と接する時間はどうしても甘くなってしまったが、それはそれでよかったと思っている。
 親の責任は一応果たしたことになるのかな。これから娘は社会人、私達は老後に向かっていく。

 娘の成長は嬉しいものだが、一抹の寂しさも感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«オーストラリア旅行